最近のお葬式

最近増えているお葬式が家族葬

これまで主流として行われていた一般葬よりも、最近では家族葬を行うことが増えています。これは少子高齢化の影響もあり、参列者の数が少ない場合には家族葬を行って家族で故人を送るようになっています。また、家族葬でも、一緒に生活していた家族だけで行う場合と、親族や故人と親しかった人たちも加わって行う場合とに分かれています。

家族葬は、一般葬と比較しても規模が小さいので、費用を少なく済ませることができます。しかし、通夜やお葬式、告別式も行うため、お葬式の流れはほぼ変わりません。この家族葬を希望する遺族の多くは、費用を気にして葬儀会社に問い合わせを行っています。お葬式の規模が小さくなることで費用を抑えられることになるからです。特に参列者が少ないことで香典返しや飲食費、そして返礼品などの費用を抑えることができます。ただ、お骨をお墓に納骨することや、檀家となっているお寺のお坊さんにお経を唱えてもらうことは変わらないので、お布施代は必要になります。

最近ではこの家族葬を行うことが増えており、都市部だけでなく地方の地域でも家族葬を行う割合が増えています。家族葬を行うときでも注意をしておきたいのが、親戚や故人と親しかった人たちには連絡をしておかなければトラブルになる可能性もあるということです。注意をするようにしましょう。