最近のお葬式

形式にとらわれないお葬式が、お別れの会や自由葬

従来ではあまり考えられないようなお葬式が現在では行われています。それが故人を偲ぶお別れの会や自由葬です。家族葬や一日葬は、本来のお葬式の形式に則って行うものです。しかし、この自由葬などは今までの式とは全く異なるもので、伝統的なやり方にとらわれないお葬式です。

お別れの会や自由葬においては、BGMを流すことが一般的で、故人の好きだった音楽を流すことや生演奏を行うことがあります。一般的なお葬式では読経になりますが、全く趣が異なるので初めて参列する人は驚くこともあるでしょう。遺影についても、故人のアルバムを展示したり、プロジェクターを利用して故人の生前の映像や写真を流したりすることも行われます。そのため本来のお葬式の流れとは全く異なるものです。祭壇の作りも異なり、色とりどりの美しい花の生花祭壇が人気になっています。そして、無宗教のお別れ会を行う家族も増えており、これまで行っていた葬儀会館などを使うのではなく、ホテル宴会場を利用することもあります。

これまでのお葬式では当たり前と思われてきたことが、自由葬などでは全く異なるので、自由にアレンジすることができます。しかし、親族等には前もってしっかりと説明をして理解を得ておかなければいけないことに注意が必要です。