最近のお葬式

一日で終わるお葬式もある

お葬式の種類の中でも、一日葬は最近登場したお葬式です。このお葬式の特徴は、告別式と火葬を一日で執り行うということです。一般葬や家族葬でも最低二日間は必要ですが、一日葬は一日で終了することになるので、親族や遺族の負担が少なくなります。

核家族化が進むことで、親戚同士の付き合いも希薄になっており、遠方に住む親族も増えています。お葬式の時に近くへ訪れる場合でも、現在のマイホーム事情では数日間親族が宿泊することが難しい場合もあります。交通費や宿泊費の負担も親族によっては大きくなってしまうので、短いお葬式は喜ばれやすくなります。また、高齢者の人数が増えてきている近年では、日数を短くするということは、身体的な負担を軽減できることにつながります。

一日葬は通夜を行わない方式なので、当日朝訪れてその日に帰宅することが可能です。親族が遠方に住んでいる場合には、このお葬式を行うことで負担を減らすことができ、故人との最後のお別れもしっかり行えるようになります。そのため家族葬ではなく一日葬を選択する家族も増えています。しかし、檀家となっている菩提寺との考え方の違いによるトラブルが発生することもあるので、事前に相談をすることが必要です。