最近のお葬式

現代でも行われている一般葬のお葬式

一般葬は、これまで行われてきたお葬式の方式で、従来のしきたりや慣習にのっとった式になります。家族や親族だけでなく、故人と親しい人たちが中心となって最後のお別れを行う場となっています。このお葬式では、檀家となっているお寺の僧侶が読経を行います。

一般葬ではお通夜から本葬まで行われ、告別式として遺族や友人知人が訪れる式典も一緒に行うようになっています。多くの人たちが訪れる場合や、資産家の人が亡くなった時には非常に豪華なお葬式が執り行われることもあります。一般葬の場合には近隣の人たちが手伝いを行うこともあり、昔ながらの近所付き合いがある地域では、現在でも一般的に行われているお葬式です。しかし、最近はマイホーム事情により自宅で執り行われることが少なくなってきており、葬儀会館などを利用してお葬式を行うことが一般的です。一般葬は規模の大きいお葬式となることが多く、たくさんの人たちが訪れることで生前の故人がどれだけ慕われているか分かるものです。

一般葬を行うときは、喪主や家族は大変です。段取りなどをしっかり行う必要があり、同時に初七日も行うのが一般的なので、お葬式に費やす時間も数日かかることになります。最近ではあまり見られなくなったお葬式の方式です。